困る

アットホームで手厚いケア!助産院一覧で提携の産科へ受診

着床前に確認できること

女性

夫婦の一方に遺伝性による障害の疑いがある親がいた場合、子供を諦めてしまう人も少なくありません。また、流産や死産を繰り返してしまう人も、子供が欲しくても次の妊娠をためらってしまうようになります。このような場合、妊娠が成立する着床前の受精卵の段階で、障害や流産になるリスクを確認していくことができます。これを着床前診断と言い、妊娠成立後に判明ができるので、母体の危険性が回避できます。着床前診断の方法は、健康的な卵子や精子を採取して体外受精を行っていきます。そこで受精卵になったときに染色体や遺伝子を検査して、問題がなければ子宮へと戻していきます。着床前診断は不妊症の治療でも行われている方法で、体外受精の成功率を上げる効果も期待されています。以上のことから、着床前診断は希望する人がいれば多くの産婦人科で行われている方法です。

着床前診断は、染色体の数や異常を調べるFISH法と、遺伝子の塩基配列を調べるPCR法にわかれます。一般的な着床前診断はFISH法となり、疑いが強く出た場合は妊娠成立前なので中絶の回避ができます。母体を守る意味でも、着床前診断は安全な妊娠や出産が望めるようになっています。また、流産や死産の原因のほとんどが、染色体異常によるものです。この場合も着床前診断であらかじめ確認ができるので、肉体的・精神的な負担が避けられます。着床前診断はいろいろとメリットは大きいですが、健康保険が適用されないために、費用はかなりかかってしまいます。しかし、子供を諦めたくない場合など切実に思う人もたくさんいるので、必要とする人にとっては大きな進歩となります。