困る

アットホームで手厚いケア!助産院一覧で提携の産科へ受診

骨をもろくしないために

赤ちゃんの体形成に必要

レディー

赤ちゃんは妊婦さんのお腹の中でどんどん育っていきます。赤ちゃんの体の形成は、全て妊婦さんの栄養から作られます。特に、骨格の形成に必要なカルシウムは、かなり多く吸収されます。そのため、妊婦さんはいつも以上にカルシウムの摂取を心がける必要があります。カルシウムの量が不足すると、妊婦さんの骨や歯が弱くなる可能性があります。骨や歯に多くのカルシウムが使われていますので、赤ちゃんに届けるカルシウムが足りない場合は、そこから吸い取られるのが理由です。妊娠したら、一度は歯の健診に行くことが良いです。歯の健康状態を診てもらうことで、歯は弱っていないか、また虫歯も無いかなどを確認することができます。

食品の組み合わせ

では、具体的にどのような食品からカルシウムを摂取すべきかということになります。代表的なのは、魚や乳製品です。魚であれば、エビや煮干しなどに多く含まれています。また乳製品であれば、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどがあります。これらを毎日適量摂取することが大事です。しかしながら、これらの食品を食べても、体内に吸収されるカルシウムの量は食品によって異なります。吸収量は摂取量の半分以下しか吸収されないのが特徴です。しかし、他の栄養素と一緒に摂ることで、吸収率が上がります。例えば、マグネシウムやビタミンDがあります。これらの栄養素は、カルシウムと相性が良く、一緒に摂ることで多くカルシウムを吸収させることができます。