困る

アットホームで手厚いケア!助産院一覧で提携の産科へ受診

妊娠中の食生活

体重の増減と食生活

女性

妊娠初期から中期にかけて、多くの女性が体験するのがつわりです。妊婦になると食生活の好みもかわりますし、今まで好きだったものが急に食べれなくなることも多いのです。胎児のためには出来るだけ栄養を摂取したほうが良いのですが、食事がのどに通らないこともありますし、食事をしてもすべて戻してしまうこともあります。つわりが激しい場合は水分だけでも摂取しておきましょう。食事で気を付けなければならないのは、糖分や塩分、刺激の強い料理や生ものなどです。妊婦になると胎児だけではなく胎盤や羊水なども日に日に重さが増してきますので必然的に体重が増えるのですが、つわりが治まったら一気に食欲が増して体重が増加することもあるので気を付けましょう。

栄養のバランスを考えて

妊娠したら自分ひとりの身体ではなく、胎児の栄養も母体から摂取しなければなりません。普段不摂生な食事をとっている方は特に見直す必要があります。妊娠中、食事をまともに取れなくなるくらいつわりが酷くなることもあります。一般的には胎盤が完成する中期までには収まると言われているのですが、稀に出産間際までつわりが治まらない人もいます。妊婦だから栄養をたくさん摂取して赤ちゃんの分まで食事をしなければならないと気を張りすぎないようにしましょう。逆にストレスになってしまいます。妊婦は特に貧血になりやすいので、出来れば鉄分を積極的に摂取しましょう。カフェインやアルコール類の飲料は胎児に悪影響なので控えてください。